プロペシアを服用して副作用があらわれた時には

男性女性

AGAを克服するためには

髪の毛

AGAは治すことができる

男性の中には加齢とともに髪の毛が薄くなってしまう人もたくさんいます。多くの場合は年齢や遺伝が原因だからと諦めてしまいますが、じつは薄毛は病院で治療することが可能です。薄毛のなかには男性型脱毛症、通称AGAと呼ばれる症状が原因になっていることがあり、この症状は投薬などにより改善できる可能性があるのです。現在、さまざまな薬がこのAGAの治療に用いられていますが、なかでも代表的なものがプロペシアです。プロペシアはもともと前立腺肥大の治療のために開発された薬ですが、この薬にはAGAの原因物質の生成を阻害する効果があることが判明したのです。その結果、いまでは前立腺肥大の薬というよりもAGAの薬としての知名度のほうが高いほどです。

薬の安全性は大丈夫か

プロペシアは安全性が確認されている薬ですが、副作用が全くないわけではありません。ごくわずかですが、性欲減退や勃起機能不全といった副作用の報告例もあります。また重大な副作用としては肝機能障害を引き起こした例もありますので、必ず医療機関で診断を受けたうえで処方してもらうことが重要です。さらにこのような副作用以外にも、使用するうえで覚えておかなければいけな重大なことがあります。それは女性は使用できない薬だということです。プロペシアはあくまでも男性向けの薬です。特に妊娠の可能性がある女性が服用すれば、胎児の生殖器に異常をきたす恐れがありますので、使用は絶対に避けなければいけません。プロペシアは正しい使い方さえ守っていれば効果が十分期待できますので、自己判断で使用せずに必ず医師の指示通りに服用しましょう。