プロペシアを服用して副作用があらわれた時には

男性

AGAの治療薬

手鏡を見る男性

AGAは男性の薄毛の原因

薄毛になってしまったことをコンプレックスに感じている男性は、世界中に大勢います。それでは、なぜ男性に薄毛が多いのかと言うと、男性の場合は薄毛の原因となる遺伝子を持っていると、高い確率で脱毛症を発症し、薄毛になってしまうのです。女性にもこの遺伝子を持っている人はいますが、女性では脱毛症を起こしません。その理由は、この薄毛の原因となる遺伝子と男性ホルモンとの間には深い関係があるからです。この遺伝子によって引き起こされる脱毛症のことをAGAと呼び、AGAは男性の薄毛の原因の中で最も多いと考えられているのです。しかし今では、AGAの治療薬が開発され全世界において男性特有の脱毛症の治療に大きく貢献しています。

どのような作用があるのか

AGA治療薬の先発医薬品名は、プロペシアというもので、今ではジェネリック医薬品も販売されています。プロペシアの有効成分であるフィナステリドは、AGAを引き起こすジヒドロテストステロンの合成を抑えます。ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンから5αリダクターゼと呼ばれる酵素によって作り出されることから、フィナステリドはこの酵素を阻害して効果を発揮するのです。その一方で、プロペシアには副作用があることも報告されています。その副作用はEDや性欲減退というものが主で、発生すると、生殖機能に一時的な影響が生じてしまいます。そのため、プロペシアを使用していて何か変な感じがしたり、EDなどの症状が発生した場合にはすみやかに使用を中断しましょう。副作用の発生自体稀ではありますが、放置してしまうとそれだけ治りが遅くなってしまいます。副作用が長引かないよう、プロペシアの使用時にはある程度注意しておきましょう。

服用するときの注意点

鏡を見る男の人

沢山の薄毛の男性を救っているのが「プロペシア」です。プロペシアは世界で初めてできた男性用の薄毛治療薬です。効果が高いですが、その分副作用の危険性があるので、注意点をよく確認してから服用することが大切です。

詳しく見る

男性のための薄毛治療薬

鏡を見る男性

プロペシアは男性用の薄毛治療薬です。プロペシアには男性型脱毛性の原因である男性ホルモンのテストステロンを抑える働きがあります。稀に副作用がでることもありますので、病院で医師に処方してもらうことをオススメします。

詳しく見る

AGAを克服するためには

髪の毛

AGAと呼ばれる男性型脱毛症は、医療機関で治療することにより改善できる可能性があります。治療に主に用いられているのはプロペシアと呼ばれる薬です。非常に効果の高い薬ですが、副作用もありますので必ず医師の診断を受けたうえで、指示された通りに服用しましょう。

詳しく見る